本文へ移動

第31回 創作発表会

お越しいただき、誠にありがとうございました。
 
保育学科1、2年生が各ゼミナールごとに工夫を凝らして準備し、皆さんの前で発表しました。
今後とも地域に愛され、地域から信頼され、そして地域に貢献できる教育を進めて参ります。
これからも厳しく、温かいご指導を賜りますようお願い申し上げます。

オープニング

身体表現:ダンス&影絵 「おむすびころりん」

ダンス ・ 手遊び

主体性、協調性を発揮し、一緒に踊ったり歌ったりしました!

影絵

スクリーンに映し出される人物や動物などが、ストーリーの進行に合わせて音楽とともに動き、子どもたちを物語の世界へ導いてくれたと思います。

保育内容研究:寸劇 「大きなかぶをぬこう」

複数の登場人物によるリズミカルな展開と親しみやすい内容を表現しました。
また、色画用紙を使った壁面構成や、かぶを学生が演じて掛け合いを行うという驚きや動きのある展開にしました。

劇表現:縫いぐるみ劇「アンパンマンとゆかいな仲間たち」

身近なキャラクターを通して、子どもたちの好奇心や想像力を育み感動を共有できたと思います。
縫いぐるみの制作も工夫を重ね作り上げました。

音楽表現:音楽劇 「クリスマス メドレー」

合奏を題材に選び、発声・演奏の基本を学び、楽器の選定・編曲しました。

中・四国大会発表:劇 「ゴリラのパンやさん」

先日行われた中・四国大会で発表した「ゴリラのパンやさん」を絵本という世界から飛び出し「劇」として表現しました。
動物が出てきて親しみやすい、パンを買いにいくだけという単純な内容ながらも「見た目で判断しない」というメッセージ性がはっきりしているなどという理由から発表することにいたしました。
 
〈参考文献〉
白井三香子作・渡辺あきお絵『ゴリラのパンやさん』(1991年)、金の星社

下関短期大学附属高校 保育コース生徒  オープニングアウト

「手袋とエプロンシアター」 「ダンス」 ~みんなで歌って踊ろう~

学習の一環として付属高校 保育コース生徒による発表が行われました。
作品作りや発表の練習成果が存分に発揮されました。

前日準備 ・ リハーサル

準備

リハーサル

下関短期大学
〒750-8508
山口県下関市桜山町1-1
TEL.083-223-0339
FAX.083-228-2179
TOPへ戻る